憂き目

生きるという憂き目に遭う

響け!ユーフォニアム2

響け!ユーフォニアム2

anime.dmkt-sp.jp
面白かったから続きも見るよね


ukime.hatenablog.com
1期は褒めまくりおじさん


2期は全部"は"褒めない、8割ぐらいは褒める


全体的にハッピーエンドのごり押しじゃなくて、落しどころがいい感じで好きな作品だった
人に勧めるかどうかは置いておいて、俺の中ではかなり評価高い作品でした

オーボエちゃんのトラウマがなんちゃら

ココは2割、褒めない
1期で腫物の話題になっていた2年いっぱい辞めたなんちゃらイベント
回収しないわけにはいかないから回収するよねって感じ


ガチ熱ちゃんがやる気なし3年生イキりバチって
「マジメにやんねーならやめる!」ってだけ、ショーモネ
言えば分かるでしょ!の押し付け、ガキっぽくて描写としては良い
面白いか面白くないかは面白くない展開


ガチ熱ちゃんの"辞める"は自分に酔いたいだけの選択肢
非常に気持ちが悪い、自分が自分を許すために辞めたんだろ?
許されんて、ていうか許すな
「1年待てば3年は消えるよ?」っていう、めちゃくちゃ事実かつ正しい選択肢を提示してくれたアスカ先輩は高校生にしては達観しすぎ、スゴすぎ
それでも"辞める"を選んだガチ熱ちゃんは許されていいものではない


ガチ熱ちゃんが辞めた癖に、全国って結果だしたら戻ってこようとする
待てずに辞めた癖に何やってんねんなお前さあ…
ムーブがご都合すぎてキモい


ただ、アスカ先輩に許しがないと戻れないと思うのは正しい
しかし、許さないアスカ先輩が好きだ!正しい!
感情論ではなく、演奏を考えた優先度がついている所が好き
唯一のオーボエ > 特にいらないガチ熱
たまんねえな
いらないコマより必要なコマ、そうだよね!ね!


拒否られてそのまま沈めばいいのに
ガチ熱ちゃんはオーボエちゃんと和解してしまう、してしまうのだ
言わなきゃわかんねえもんなあ!しかない
ガチ熱ちゃんサイコパスの気がある
自己への興味がほぼ全てで人の感情考えたことないんじゃない?
思い込みが強くて周り巻き込んで微妙な空気にする奴の思考パターンしてる
オーボエちゃんは陰キャでコミュ障の極み
声をかけてくれたガチ熱ちゃんへの謎なつき度が反転して吐き気になる、ウワッ
そのバグとバグのショーモナイすれ違い、どっちも人間性に魅力がないからつまらない


正直、吐きそうになるとか倒れそうになるぐらい苦手だったなら、すんなり直るか?
かなり重くないか?サラっと直っていいもんなん?違くね?
メンタル系の苦手って、そんなもんか?
苦手描写の強さに対して、解決がサラっとしすぎている
腑に落ちない、納得できない、だから面白くない
内容と解決から「アイツ嫌い」ぐらいの描写でよくねーかーって感じちゃった
感じちゃったからオワリだ
ちゃんとショボかったら、許せたかもしれない
バランスが悪いから許せんよ


ガチ熱ちゃん事情とオーボエちゃん事情とアスカ先輩の拒否理由まで全部知ってしまったクミコ
「知るだけ知って結局何も言わない」っていう選択肢だけ人間性があってよかった
アスカ先輩の拒否りが理由があってよかった
その他は全員つまんなかった


ガチ熱ちゃんとオーボエちゃんはこっから描写ほぼなかったし、水増しエピソード
伏線回収としては必要だけど、人間性の作り込みが面白くねえんだよなー

アスカと家庭の事情

母親が完全なヒスババアで笑った、モンペやん
DQNネームのサファイアちゃんを出すのといい世間への皮肉スパイスだね
作者の性格の悪さが出ていてとってもウケた
俺はこういうの嫌いじゃない、ニチャア…


反抗して「吹奏楽やりたい!」っていうのをハラスメントビンタで黙らされて、流されていく
「私への当てつけ?!」とか言ってたのは後に伏線回収されてよかった
離婚した親父が吹奏楽ニキだったのね~って感じ
離婚した男の影響を受けて育ってしまったシングルマザーカワイソー
ワロチぐらいしか言うことないねヒスババアはゴミ


アスカ先輩はこのフラグ回収して父親に演奏を聴かせられて!よかったね!って感じ
ハッピーでも許せるバランスなら良いのだ


「母親はそういう人だから…」で諦めているところが、グっと来るね
人間というか母親だからしょうがないよねの姿勢、たまんない、虚脱が愛おしい
やりたいことを押し殺して、生まれが運負け~って諦めるのが好きだ


ただ、アスカ先輩はスペックお化け
全国模試30位以内で黙らせたらしい、オーバーパワーですわ…
ただ「母親と和解しました!」って描写がなかったことも最高に良い
感情で許されるのではなく、事実で黙らせるところがナイス
全部ハッピーエンドは許せん
ダメで救われないところは救われないままであってほしい
これで母親と仲良しハッピー!になってたらボロクソ言ってた
この展開は好み100点満点

レイナの恋愛事情

クミコのモノローグで「この時はアスカ先輩のことでいっぱいで、レイナのことなんて」と流されていたのがウケた
次は恋愛方面でモメるのか~、寒いな~
事実、そんな好みじゃなかった、残念だ


クミコから先生が既婚者だったし妻死んでたって伝えてもらえなかったからってスネんなよ
ガキだなあ、それでいいんですけどね
クミコってそういう奴じゃん、言いにくいことは言えないじゃん
ポロっと本音が出るタイプって描写あるじゃん
神の目からはそう見えるけど、物語の内部の人はなんかもう色々モヤモヤだろうし許した


全国大会の最後に、告白しててウケた
しかもイマイチ伝わっていない感じでウケた
あんまり興味がないのでウケたぐらいしか言うことがない

先生の描写よくない?

「全国に行くのは妻のため」で分かり手になった
それぐらいのモチベーションの根幹がないと「ちゃんとした指導」ってできねえよな
夜遅くまで練習内容考えたりしている描写から、努力の跡がうかがえる
死で呆けてた人間に熱が入って、今がある
先生の呼んだ友達が「よかったわ~」みたいに言っているのが俺もよかった
「妻がいること」が人間性を保つ部分だったのが、
吹奏楽で全国に行くこと」に置き換えられている
人間、その時々の目標で生きがち
人生の答えかもしれんね


個人的に、3位っていうオチが良いね
金賞取れてハッピー!とはならない世界でよかった
2位で悔しい!あとちょっと!じゃない、3位
バランスが取れている

クミコとアスカ先輩

クミコは泣いたり感情を伝えたりするようになったね
人間的にいい感じの熱があって、生き生きしていて良い
アスカ先輩はひねくれているけど、クミコの本音ビームによって「ちゃんと本音」が存在する事実を手に入れた
熱血が言ってたら「ハイハイ」って流すところ
クミコは発言の方向性とか動機がちゃんとしている、根拠がある、好き
言わなくていいところも言うところも、好き
そりゃ素直に受け取れちゃうね


クミコに大事にしてたノートを渡すところはよかった
執着だったものを手放して、信頼できるクミコに渡す
喪失の雰囲気で泣くし、託した雰囲気で泣くね
熱っぽすぎないスッキリした終わり方、たまんねえ、いいね





言いたいけどクソどうでもいいこと
話終わるごとに「そして次の曲がはじまるのです」が割と気になっていた
1期からずっと思っていた
"っぽい"から言わせたんだろう感が、かゆい
ちょっとかゆいね
むずがゆい、背筋がいや~な感じする
叫ぶほどじゃないにしろ、ゾワっと来る


Amazonのアソシエイトとして、当メディアは適格販売により収入を得ています。
って書けって言われた