憂き目

生きるという憂き目に遭う

仕事いっぱいもらう・傘忘れた

仕事いっぱいもらう

仕事はそれなりにやることがあるんだけど、
積極的に「暇です」と言うことにした


結果として軽い雑用も振ってもらえるようになった
俺としては嬉しい 別になんでもいいんだ 暇じゃないなら
だるいってことは特にない
退屈じゃなけりゃなんでもいいことが分かったので、
こんなもんは苦じゃない
給与以上に働きたい!とかそんなこともなく、
大量の暇つぶしを浴びたいだけだ
リターンを求めているわけでもない


でもラインわかってる
こんなもんっしょのラインを提案して受け入れてもらっちゃう
「この作業するとしたら結構時間かかりますけど、やりますか?」
もうやらなくていいよねとしか言わせる気しかないな


きっと過労死するためには脳死で「わかりました」しか言ってはいけない
たぶんすげえバカなんだろ
「時間をかければできます」しか言わないんだろ
そんなことを思った


雑用もやっている癖に
メインタスクはくだらないところで引っかかって進捗が0だった
それでもなんとかなるだろ

傘忘れた

今日は雨降ると知っていたけど、
前日に準備しなかったので忘れた
傘なし派閥が10%ぐらいの中、濡れて歩いた
この感じで最寄りついても歩きタバコできんなあーとか考えてた


電車はカワイイ病み系女子がいてよかった
リアルは解像度が高いので肌のガサつきとか毛穴が見えて
インターネットってすげーよなーってしみじみしちゃったね


最寄り着いたら雨は落ち着いていた 降ってるけど
もちろんタバコに火をつける たまんねえな
吸って 下に向けて待機させる
雨は上から来るからよ…腕で守ってやるぜ…
クレバーなカス


帰宅、AirPodsを外したけど音楽が鳴っていた
は?
外して即AppleWatchで再生押したんだった
思い出すのに10秒ぐらいかかった
昨日のシャワー浴びた自覚がなかったのもそうだけど、
やった感覚がないから自分でびっくりするのがヤバい


この現象を極めたい

Amazonのアソシエイトとして、当メディアは適格販売により収入を得ています。
って書けって言われた