憂き目

生きるという憂き目に遭う

死生観2021.11.23 金のコト

金のコト

金はないけど困ったことはない
ないというのは「余裕がない」ってだけ
別に困窮はしていない 使い切っているだけ


生活費を除く出費は大したことがない
娯楽としては
湯船にお湯溜める
日々適当に買う本や音楽
酒、タバコ、エナドリ
このぐらい?これ以上使うって何?
たまにデバイスとか買うけど


何しろっての
給与は増やそうと思っているけどさー
金は欲しいけどさー
好き放題買うものが増えるだけ


別にあってもやることが増えるわけじゃない
もう少し大きい家に住むか?
それも別にやらなくていい


特に節約もしていない
貯金する理由もなくなったから
未来 結婚 なんとかかんとか どーでもいい


承認欲求なんてものはない
今世で何をするか
何を残すかなんて特にない
どれだけ哲学しようとも
やっぱり生きる意味なんて見いだせないのね


その場をしのぐ、社会の潤滑油を拾う
そのために働いている 社会貢献 どうでもいい
大してバグってないから社会に属している
文句は言っても現実での行動が全て

死とかなんとか

コンスタントに希死念慮と語らっている
今は調子がいいので諦めが勝っている
急いで死んじゃお~とはなっていない 助かる


救済を願い続けてはいるものの
別に叶うとも思っていない


夢中しか助からんよ
何かに向かって時間を溶かすしかない
仕事でも 趣味でも 幸せでも
なんでもいいんだよ 時間が無くなれば


その根底は現実逃避
人世に意味がないっていうのは割と重くてね
そんなもの受け入れずに意味見いだせない
エネルギーがない
潰れるのも嫌だから 見ないように努めている
全然認識しているし 納得もしている
しかし否定を頑張っているのだ


そんなわけで精神がとてもつらい
スーパー逃げるしかない


最近は逃げ先は本
「へえ、そんなのがあるんだあ」
って好奇心が満たされている間は許されている 自分に
ジャンクな気持ちならマンガで雑にのめり込む
時間を吹き飛ばす


耐え忍ぶしかない いつか終わりは来るからさ
宗教みたいよね
教えることは「何もかも諦めたら救い」
仕方なくへばりついた生を過ごすしかない
早く手放したいものだ ぜんぶ