憂き目

この世の真実が書かれています

考え事たち

料理って何のためよ

f:id:menobear:20200710151836j:plain:w300
材料が余っていたから作った。美味い
ちゃんと美味そうに写真撮るなら栄養価のためのピーマンのタネは除去するし、皿についてしまったソースはふき取るし、はみ出ているベーコンは収めるね
記録でしかないブログではそこまでやる気にならない
俺は写真のために料理をやっているわけじゃない
暇つぶしだ


・美味い飯が食いたいのか?
俺は別にそうでもない。食えればいい
一時期、ナッツだけ食べてでほとんど何も食わなかったりしてもストレスではなかった
カロリー的に足りなくて「食べた方がいいな」って気づいたから辞めた
本質的に食欲はあんまりない
食べなくていいなら食べなくてもいい


・料理は時間がかかるからムズカシイ
ナポリタンはそんなに難しくはないけどソース作るのに10分ぐらいかかる
急ぐ気がないのもあるけど、それなりに時間がかかる
作業に集中している間は余計なことを考えない
これは救い、これを求めているんだろう


ついでに食べられるから、良い


・動画を見るのは永遠に好きだよ
作らないけど見るものは多い、参考にするというだけではない
面白い技術を見るのは楽しい
最近だとたまねぎの皮のスムーズな剥き方とか見て気持ち良くなった


料理というジャンルなら何でも見る
斜に構えて「どうせ、食べたらなくなっちゃうのにな」という目で見ている
食べたいな!!!と感じることが少ない



あきれるほど簡単でうまい つまみメシ

リュウジの本は5冊ぐらい持ってる


レシピ本も買うけど、結局試す価値を感じるものはあんまりない
再現したいな!は「このポケモン強いな…」と思う時と同じ感性が働く
味の想像が出来て「これは美味いだろう」と感じたら作って確かめる
まあ、美味いよねーって


冷蔵庫をパッと見てざっくりイメージが出来て、即興の料理ができるところまで仕上げたい
好奇心が満たされたら俺は料理に飽きるんだろうなって思うけど、料理の深淵はたどり着かないからまだ趣味として使えるんだろうな

読書メモの供養


ストレスに打たれ強くなる 31の心理学技術: 1日1分で誰でも身につく! 1日1分で心理学 (ハートブックス)

マンガで分かりがちなゆうきゆうだ


①「目標を達成する」ことに燃える人。
②「研究し・好奇心を満たす」ことに力を注ぐ人。
③「競争して勝つ」ことに意味を見出す人。
④「人と交流し、関係を築く」ことで幸せを感じられる人。
⑤「人から注目され、称賛される」ことで満たされる人。
⑥①〜⑤をバランスよく持ち、様々な視点でものごとを見るが、劣等感を強く持ってしまう人。


俺は1234が該当するんじゃないのかな、普通の人間だ
6ではないと思うけど、自己肯定感ロストプラネットだから何とも言えない


5が該当しない理由はある
褒められることは確かに嬉しいんだけど「不思議だな」って感覚がある
数年前にオンラインゲームインターネットクソガキしてた頃もブログ書いていた
アクセス元見るとたま~~に知らない人から好意的にリンクが張られていて謎だった
ファンらしいよ、ほんとだったのかなぁ
最近は「面白い」を意識してオモチャとして書いている節があって、正しく楽しんでもらえて満足している
もう、5もあるのかもしれない


最近の俺脳内トレンド「好奇心」で全て流してしまえそう
俺さぁ
好奇心が強いんだよね
だからさぁ
なんでもいけるっていうかー
まあーそういう感じ?
便利そうでしょ「好奇心」って単語

一個一個の世界に対しての重みが減ってきます。もし、1か所だけに所属していると「自分にはこの人たちだけしかいない」という緊張感が出てきます。 複数に関わることによって、気持ちがラクになるのですね。


身を置くところは多い方がいい的な話
リスクヘッジするべきだよな
「俺にはこれしかない!」みたいな強迫観念は疲れる
ボランティアでやっていた人間が自治厨になる
みたいな現象の原因だと思う


とはいえ、俺はどこに身を置いているんだろうな
友達はいるけど、それ以外なんかあるっけ…?恋人とヵ?プピィ



一言で女心をつかむ31の超心理学フレーズ: 告白はただの命令です! 1日1分で心理学 (ハートブックス)



あれこれ書いているうちに、よく出てくる言葉や、印象に残る言葉が出てきます。 そして 「もしかして自分は、ここが一番腹が立ったポイントだったのかな」「あ、だから納得いかなかったのか」 「実はこれが、一番嬉しかったんだ」 と、頭の中にもやもやと漂っていたものが、収まっていくのを感じることができるはずです。 言葉にして整理することは、自分の気持ちを改めて理解するのにとても役立つのですね。


確か日記書くとよくね?ぐらいの話
いつもやってんね、一生俺は俺を見ている、ホンモノの一生


個人的にはあんまりやっていると自分事が他人事になってしまうぞ~危ないぞ~
と思わなくもないんだけど、普通の人はココまで他人の目で見ることはないんだろう
たぶん?わからん?謎深い
最近はちょっとバカになった
睡眠不足だ

アツいからロフトで寝るのを辞めたよ

革命的に眠れるようになった、素晴らしいね
シンプルに「ロフトがアツい」というのに気が付かなかった
だるいから冬場から使っている羽毛布団で寝ているからそのせいだと思っていたよ
言われて気が付いた、アドバイスは偉大、サイコー


睡眠時間が3時間とかそんなんだったり、長くても6時間ぐらいでアツくて起きていた
当然のように昼夜逆転している日が多いのもあるんだけど、それを差し引いても眠りがオワっていた


ロフトから降りるだけで蒸れないし、アツくないからぐっすり8時間行けるし、スゴイ
はぁ、すき…睡眠


アツい空気は上へ行く、これは理科で習う
中等教育受けてなかったかもしれん、最終学歴小卒

最近のゲーム事情

・モンハン
たまにやるハンター生活は楽しいよ
7/9にアルバトリオンが実装された、死にまくったのでまだ倒していない
モチベーションがなくはないけど多大なモチベーションにつながっているかと言えばNO
別にやらなくてもいいやってレベル
面白いけどそんな劇的ビフォーアフターしない
期間中にテキトーに倒して、防具揃えて武器は強いと言われた奴だけ作ればいいかな


・fortnite
シンプルにbotが減った、ような気がする
初手降りの街で見かけることはあるけど、まあそれぐらいは…ぐらい麻痺した
でも混ぜられるサーバーによるわね


それなりに面白いけどブランクでヘタクソ
指が回らなくて建築で引っかかるところが一番感じる
あとはパーティ単位の戦闘時に何も当てずに死ぬ
ゲーム性にはあんまり文句のないシーズンだ


チャージショットガンくん
自分は溜め中のコントローラー操作がヤバくて無理
それでも上手い人は使いこなして適切に殺してくるのでツラい
これは実力だなーって思うんすわ…


・虹6
あれ?俺上手くない?と感じるシーンがあり、ビビっている
やけに反応出来て、自分が自分ではない感じがする
おいおい、ゲームでも他人事かよ…キマってんなあ…


キャラを選ぶのがダルいのでランダムキャラピックで遊んでいた
大体ガバガバ操作
使ってないキャラの練度低すぎてオワってる
本質的なFPSとしては変わらないんだけど立ち回りの軸が変わるから慣れないね
不器用だから困っちゃう
だからといって選びたいキャラがいないからね
暇つぶしなんだよ


・雀魂
野良マッチングはやっていない、俺の中で流行っていない
友人戦はやるんだけど、イマイチ本気になれない
ネトマ特有の熱のなさが出ているのでボロッカスに負けている
運が悪いときもあるけど、それだけじゃないやる気のなさ
リーチかけて席を外す用事したいって雑さ


なんとも…
勝った!負けた!キャッキャみたいなレベル感でしか運用できてない
もうちょっと考えたいな~と思うんだけど、思うだけ
レートかかってないと眠くて眠くてしょうがない


せっかくだから、ふざけた打ち方を意識的に試すことはした
国士無双は成就するのか?どれぐらい進むのか?
自分がやって感覚値のないことを試したけど、9種9牌の時は意外といける
13種だからな、後4種ぐらいなら割と集めようと思えば…
そんなもんなのねって思ったりした


染手の感覚はやっぱりダメ
違うだろ?でも染めるかあーって思ったのはやっぱりダメ
打点意識に寄りすぎており、速度が死んでて困る
最終形に必要なピンポイント牌が多すぎて評価できないね


そんな小難しいことを考えてはいても、実際の盤面はクソチンパンだし結果もクソザコ
わかるわぁ