憂き目

生きるという憂き目に遭う

行動理念


先輩と朝4時まで飲んでいた
今仕事中ではあるけどやる気はない
脳は活性化しているのかニブくはない


アドバイスをもらった
これから、会社での立ち回りを心配してもらった
もう3~5年やったら役員になるっしょーと
なったら抜けられないぞーって


そうだよなあ そうよなあ
だって今いるこの会社しょぼいもん
ロクな奴がいないから俺が消去法で選ばれて何にもおかしくない
金と裁量もらえるならばやってもよい
全部ifの話だけど、どこまで本気でやるかは分からない


世の中はルールを作るやつが一番エラいんだ
べきものをべき場所へ連れていってやる


社会をぼやっとしていて思うのは人間関係はやはりコスパがいい
人権、人望、経営資源で最も大事なことはヒトだわ
優しさはコスパがいい
正しい仮面だけが大切


いつかこの腐った世の中の中に
俺が作ったマシな空間を作りたい


現実の行動理念はそういうことになっている
本当はやっぱり何もかもどうでもいい


で、
話していて思ったのは
俺は自分も含めてどうでもいいんだよなあ
方針がないから、そういうことにしている
肉体は決めたことをチマチマやっていく
精神は萎え続けつつウダウダいっていく


ほんと、救われない世の中
あと何年生きなきゃいけないのか
希望が欲しいよねー 救いくれよなー

Amazonのアソシエイトとして、当メディアは適格販売により収入を得ています。
って書けって言われた